2月号Log3 年齢と操縦免許

さて今回は、ボートの免許についてです(^^)

操縦以外にこんな使い方もあったんだぁ~やっぱ女子は凄い(^_^;)

さぁ~Log3 年齢と操縦免許始まります。。

□補足説明(学科試験のポイント!)

ボート免許が必要な船

通称ボート免許と言われる小型船舶操縦士の免許は、エンジンを搭載した小型船舶(総トン数20トン未満の船)を操縦するのに必要な資格です。

モーターボートや水上オートバイ、あるいはエンジン付きのクルーザーヨットを操縦するにはボート免許が必要になります。

免許が不要な船(法律適用外)学科試験にも出題されるよ(^o^)

長さが3メートル未満であるもの(登録長:概ね<船の全長×0.9>)

推進機関の出力が1.5Kw(約2.04馬力)未満であるもの

・推進機関が電動機であるもの、またはそれ以外の船外機で巻き込み防護用のプロペラカバーや、直ちにプロペラの回転を停止できる装置(非常停止スイッチ、中立ギヤなど)がついているもの

上記の要件のすべてを満たしている場合には、免許は不要です。

ボート免許の種類

・1級小型船舶操縦士

 総トン数20トン未満の船舶(水上オートバイを除く)で、すべての海域を航行できる操縦免許

・2級小型船舶操縦士

 総トン数20トン未満の船舶(水上オートバイを除く)で、平水区域と海岸から5海里(約9Km)以内の海域を航行できる操縦免許。ただし、18歳未満は、5トン未満の船舶に限定される(若年者5トン限定)また、航行区域を湖川等、出力を15Kw(約20.4馬力)未満に限定する免許(湖川小出力限定)もある

※日本小型船舶検査機構 航行区域検索ページ(平水・沿海)で調べることができます。

・特殊小型船舶操縦士

 水上オートバイ専用の免許

 

次回の更新は、2月15日予定 お楽しみに(*^_^*)